青汁のサプリ

野菜不足の日本人

日本人の多くは野菜不足だと言われています。
厚生労働省の推奨では、一日の野菜摂取量の目安は約350gとしています。
350gの野菜と言えば、小皿5配分の野菜に相当し、これだけの量を毎日直接野菜を食べて摂るのは、現代の生活ではでは現実的に無理があります。

実際に、20代以上ではこの目安量には達しておらず、野菜不足の生活をしていることになります。
野菜類は、体の調子を整える役目を果たしているので、野菜が足りなくなると体のバランスが崩れ、疲れやすくなったり肌あれが起きるなどの、身体の不調をきたしてきます。
また、免疫力の低下で、病気になりやすくなるなど、いろいろな影響が起こってきます。

野菜不足を補うためには、普段のバランスのとれた食事とともに、野菜を原料としたサプリを摂取することが望まれます。

 

青汁の特徴

青汁は、自然の野菜を原料とした、栄養価の高い健康食品です。
野菜不足を補うサプリメントとしては最適な飲み物です。
ビタミンやカルシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維などが豊富に含まれていて、一度にたくさんの栄養分を摂取できるのが特徴です。

ケールを例にとると、180mlの青汁を作るためには200~250gのケールが必要といわれており、1杯でたくさんの栄養素を補うことができます。
また、野菜を直接食べるよりも、消化吸収の効率が良く、無理して野菜をたくさん食べる必要もなくなります。
現代人の野菜不足を補うには手軽で最適な補助食品です。

 

青汁の原料

青汁の主原料は、ケールを使用しているものが多いのですが、最近では明日葉、クマザサなどを主成分にしたものが商品化されています。

主原料の他に、大麦若葉、桑の葉などが用いられることが多く、これらの原料をブレンドし栄養価を高め、飲みやすく仕上げてある青汁が人気です。

さらにコラーゲンやプラセンタなどの美容成分を配合して、美肌、美白をサポートする青汁もあるので、自分に合ったものを選ぶことが可能になっています。

ほとんどの製品が、、青汁の液を顆粒状にして水などで溶かして飲むようになっていて、小分けされて包装されているので、携帯にも便利です。

 

飲みやくなった青汁

青汁と言えば、飲みにくいと言った印象がありますが、レモン風味やマンゴー風味といった飲みやすさを考えた製品が多く出ていますので、子供から大人まで安心して長く続けることができます。

また牛乳や豆乳、ヨーグルト、ジュースなどにまぜて飲むことができるので、味のバリエーションが広がります。
飲むだけでなく、サラダやスープなどに振りかけて食べることができるので、青汁を「食べる」ことも可能です。
いろいろな飲み方、食べ方をすることで、毎日飽きずに青汁を摂取することができるので、長く健康を保つことができます。

発売されているほとんどの青汁が、国産無農薬の原材料を使用し、合成着色料や保存料などを使用せず無添加のままで生産されているので、子供から老人まで安心して飲み続けることができます。

 

青汁はダイエットにも最適です

また、青汁はダイエット中の栄養補給としても使用されています。
最近では、1日3食のうち、1~2食を他のものに置き換えると言った置き換えダイエットが人気です。
このとき、青汁に置き換えてダイエットを続ける人も多くいます。
栄養価の高い青汁がダイエット中の身体に栄養を与えるので、体に無理な負担がかからず、安全にダイエットをすることができます。

完全断食でダイエットを行うには、体にかかる負担が大きく危険なことが多いので、置き換えダイエットの方法でダイエットを長く続けた方が、無理なく痩せることが可能です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ