アヤナス BBクリームは毛穴・くすみ・シミなどに効く化粧品

mainimg

詳細・購入は公式ページからできます。
↓↓
button01_350__55

free-illust29657「毛穴の黒ずみ・小鼻の黒ずみ・頬の毛穴の開き・顔の毛穴・たるみ毛穴が目立つ」、「目元のシワ・シミを消したい」、「顔のシミ・シワ・肝斑・くすみ(黄ぐすみなど)・そばかすを消す化粧品が欲しい」、「ほうれい線を消す化粧品・ほうれい線に効く化粧品を探している」、などなど、肌の悩みを抱えている女性はたくさんいると思います。

シミ・シワ・くすみ・たるみ毛穴・そばかす・ほうれい線・肝斑などは、頑張って化粧で隠そうとしてもなかなか隠せないですよね・・・。

そこで、おすすめのベースメイクアイテムが、ディセンシアの「アヤナスBBクリーム」です!
アヤナスBBクリームは、口コミで評判・人気があり、たくさんの美容雑誌にも特集され、評価の高い化粧品です。

アヤナスBBクリームは、敏感肌・乾燥肌の方のシミ・シワ・くすみ・たるみ毛穴・そばかす・ほうれい線・肝斑などをしっかりとカバーします。
これ1本で「外部刺激ブロック」「保湿」「化粧下地」「UVカット」「エイジングケア」「薄化粧」「毛穴補正」の7役がある高機能BBクリームです。

ディセンシアのアヤナスBBクリームは、通販で購入することができるので簡単で便利です。
今だけ特別価格で購入することができます。お得な料金・値段となっているので、顔のシミやシワ、くすみなどを消す化粧品が欲しいという方は、ディセンシアのアヤナスBBクリームがおすすめです☆

「大人の敏感肌」を美しく見せるアヤナスBBクリームとは?

ディセンシアの「アヤナスBBクリーム」はお肌にハリやツヤが欲しい!と思っている方に最適な製品です。
日中の刺激から敏感肌を守り、見た目年齢を左右する毛穴や小じわ、それだけではなく、黄ぐすみまでも明るく健康的なお肌に仕上げるメイク効果は、「簡単」「お手軽」というBBクリームのイメージをも変えてしまうほど!
これ1本だけで、「外部刺激」「保湿」「化粧下地」「UVカット」「エイジングケア」「薄化粧」「毛穴補正」7つの役割を果たし、敏感肌の見える年齢差を徹底的にカバーします!

アヤナスBBクリームココがポイント!

[ポイント1]黄ぐすみを一瞬でカバー!

アヤナスBBクリームは、キメが乱れがちな敏感肌の方のために、保湿効果が高い数種類の美容オイルと、滑らかなお肌に仕上げる板状紛体を配合しています。
また、全体的に黄ぐすみが目立つという方のために、黄ぐすみをカバーする特殊カラーによる、トラブル補正力&若々しい自然なツヤと透明感のある仕上がりを両立!
これ一塗りだけで、黄ぐすみオフできちゃう優れものです!

[ポイント2]たるみ毛穴を一瞬でカバー!

大きさ5~12ミクロンの球状紛体のため、毛穴一つ一つにぴったりと入り込み、表面の凸凹をしっかりとカバー!なめらかなお肌に仕上がります。
また、ツプツプと目立つ毛穴を補正しながら光を反射させ、明るく毛穴のない均一なお肌へと導きます。
これ一塗りだけで、たるみ毛穴をしっかりオフ!

[ポイント3]エイジングケアテクノロジーで敏感肌の方をサポート!

ディセンシア独自の技術『トリプルリペアシステム』とは?

バリア機能強化!ヴァイタサイクルヴェール
外部刺激をブロックし、肌本来の活力を高める効果があります。
肌の表面をぴったりと覆うことで水分蒸散を防ぎ、ほこりや乾燥などの外部刺激からしっかりとお肌を守ります。
また、ヒト型ナノセラミドが各層のすみずみまで浸透し、保湿機能を高めます。

②ゆるがない肌作り「コウキエキス
ゆらぎの原因である微弱炎症を防ぎ、美肌成分の効きやすいお肌をつくります。
肌ゆらぎは、バリア機能が低下して、外部刺激の影響を受けた肌内部で炎症が起こることが原因です。そこで、アヤナスは、「コウキエキス」を配合し、お肌を健やかにして美肌成分が浸透しやすいお肌をつくります。

③ハリや弾力をサポートする「CVアルギネート
肌深部へと働きかけ、コラーゲン生成をサポートすることにより、お肌にハリや弾力を与えます。
「CVアルギネート」は、海藻由来の粘度成分からつくられており、お肌の深部までしっかりと瞬時にアプローチし、ハリ実感を高めます。

 

多くの美容雑誌にも紹介されているアヤナスのBBクリーム!「敏感肌の欲しい」をすべて詰め込んだ製品です☆
これ一塗りだけで、「外部刺激」「保湿」「化粧下地」「UVカット」「エイジングケア」「薄化粧」「毛穴補正」の7つの効果が実感できる、高機能BBクリーム♪
敏感肌専門ブランドのBBクリームで、大人のツヤ肌を目指してみませんか?

アヤナス BBクリームの価格・値段

btn_02

詳細・購入は公式ページからできます。
↓↓
button01_350__55

サブコンテンツ

このページの先頭へ