にんにく卵黄:にんにく玉ゴールド

にんにく玉ゴールドはカプセルで包むことなく、ニンニクそのものを凝縮し丸玉にしたサプリメントです。 伝統的な製法で、においを抑えにんにくの有効成分だけを凝縮しています。

 ↓↓↓にんにく玉ゴールドの詳細・申込みはこちらから↓↓↓にんにく卵黄

 

 main_image_580-279

ニンニクの栄養成分

古くからスタミナの元として使用されているニンニクは、体に効く栄養素が豊富に含まれています。
有機ゲルマニウム、ビタミンB群、亜鉛・鉄分などのミネラル類、アミノ酸などの栄養素がバランスよく含まれていて、スタミナをつけたり体調を整えるのに有用な食物です。

 taste_img02_580-192

 

にんにく玉ゴールドは素材をそのまま丸粒にしています

shape_pint01_img_319-220

 

 

 

 

 

一般に「にんにく卵黄」として商品化されているものは、ソフトカプセルに入ったものが多く、一粒約400mg程度です。このうち、カプセル自体の重さと中身を入れるために使われる油や蜜ろうなどの重さを差し引くと、実際のニンニクの量は100mg程度になってしまいます。

にんにく玉ゴールドは、にんにくと卵黄を煮詰めたものをそのまま丸粒にしています。
このため、一粒約200mgのほとんどがニンニクと卵黄の塊です。

 

にんにく玉ゴールドは大量生産できません

にんにく玉ゴールドはてまひまをかけた製法で作られています。
一般のにんにく卵黄は、にんにくを蒸してつぶし、卵黄と混ぜ合わせたものを粉末化します。
これを油でまぜてカプセルに入れるという工程で大量に作られています。

にんにく玉ゴールドは、低温加熱をして長時間練り上げるという工程があります。
この工程でにんにくのにおいのもとが有用成分に変化します。
長時間の練り上げが有効だとわかっていても、生産する過程では強烈な臭気が発生するので、この工程は省かれて、大量生産されるものが多くあります。

seihou_580-156

 

にんにく玉ゴールドのてまひまをかけた製法

shape_pint03_img_390-203

 

 

 

 

 

にんにく玉ゴールドは、70度前後の低温加熱で36時間以上かけて練り上げられます。てまひまを惜しまない伝統的な製法によって、ニンニクのにおいを緩和させる有用成分が生まれてきます。
この工程を通ることで、にんにくの有効成分である「アリシン」はそのままに、においだけを抑えることが可能になりました。
にんにく玉ゴールドは、大量生産では不可能な工程を組み込むことにより、アリシンを残したまま飲みやすい、にんにく卵黄を製品化しています。

 

にんにく玉ゴールドのこだわりの素材

国産の原材料を使用しているので、安心です。
にんにく玉ゴールドで使用しているにんにくは、福岡県八女産です。
無農薬、無化学肥料で大切に育てられたニンニクだけを、厳選して使用しています。

卵黄は大分県竹田産の自然農法で育てられている有機卵を使用しています。
遺伝子組み換えなしのトウモロコシを飼料にし、大自然の中で放し飼いで育てられた若鶏の卵だけを使用しています。黄身に弾力があり、栄養価の高い卵です。

pint01_im_580-170

 

 

↓↓↓にんにく玉ゴールドの詳細・申込みはこちらから↓↓↓にんにく卵黄

サブコンテンツ

このページの先頭へ